« 久しぶりの日記更新>< | トップページ | オビトェ・・・ »

2010年11月 1日 (月)

【コエガワリ。1】

やっとできました。ボカロ小説です。

一応レングミ設定ですけどみんな出てきます マスターまで出てきますw

ちなみにマスターはオリキャラの鏡夢です

駄文ですが、この話は続きます><

書いてたらなんか収拾つかなくなったなんて言わないよ!

以下、小説スタートです^ω^

***

「あ、あー」

突然のことだった。

「声が…」

コエガ…

デナイ…

***

「レン、大丈夫かなぁ」
「大丈夫でしょ。声変わりなんて一時的なもんだし」

メイコお姉ちゃんはそう言うけど。

「そんな生ぬるいもんじゃないよ、声変わりって」
「あらカイト」
「あれ、歌手にとっては精神的に結構くるんだよ」

カイトお兄ちゃんはそう言うし。

「じゃあここは同じ男であるカイトお兄ちゃんに任せていい?あたしじゃよくわかんなくて…」

大事な弟のことなのに…自分は何もしてやれない…

「あ、いや、僕じゃ無理。」

…は?

「何言ってんだこら男同士語り合えや。そんで涙流して『これが青春や』って教えてやれや、あんた男だろう!?」
「ちょっ、怖い!怖いってばリンちゃん!君女の子なんだからそんな言葉使っちゃ駄目…」
「じゃあ何とかしてあげてよ!私じゃわかんないからどうすることもできないの!」
「………」

「リンちゃん、ちょっと落ち着きなさいな」
「…ルカお姉ちゃん」
「気持ちはわかるわ。けれどカイト兄さんにだって何か考えがあるはずよ、馬鹿だけど
「ルカちゃん最後のは撤回して!今いい雰囲気にしてくれたじゃない!」
「…わかった」

「…で、何?考えって」
「それは…」
「まさか…何も考えてなかった、とかじゃないよね!?」
「こっ怖い!怖いよリンちゃ…」

ガチャ。

「たっだいま~!お買い物から帰ってきました!」
「メイコ殿、頼まれた物は全て買ってきたでござるよ」
「ごくろうさま。二人ともありがとね~」
「いえいえ!皆さんのお役に立てて嬉しいです!」
「グミちゃあああああん!!」

ズザーッ(ヘッドスライディング←

「わっ!何事かカイト殿!?」
「グミちゃん、いいところに帰ってきたよー」
「無視するな!」
「なんですか?カイトさん」
「君、レン君のこと好きだよね!?

えっ

「ななななんで!?なんでそのこと…」
「俺がチクった」
「!?マスター!いつの間に…!てかなんで言ったんですかなんで知ってんですか!」
「んないっぺんに訊くなや」
「とにかく!グミちゃんはレン君のことが好きなんだね!?」
「カイトさん…はい、好きです」
「じゃあレン君を助けてやってくれないかな?」
「え…?」

***

もういい続け!\(^0^)/

|

« 久しぶりの日記更新>< | トップページ | オビトェ・・・ »

コメント


はじめて逆 援 助やってみたんやけど、こんなスケベ女おるんかい!!
どっちにする?ってチ○ポにお尻すりつけてきて、夢中で犯しまくったわ(笑)
http://45voruj.karl.houtyu.com/

投稿: えらいこっちゃ! | 2010年11月 6日 (土) 18時06分

わーい☆

楽しみにしてたよーww
リンのキャラ好きだわ(・∀・)

投稿: neko | 2010年11月21日 (日) 08時58分

nekoさん>
ありがとうございます!
リンちゃんは完璧毒舌キャラにしてるんで(笑)気に入ってもらえたなら嬉しいですw

投稿: 春羅 | 2010年11月24日 (水) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの日記更新>< | トップページ | オビトェ・・・ »